1.国際赤十字社などで募金をする重要な意味とは?

NGOや国際機関、そして国際赤十字社などが日本を始めとする先進国にて募金活動をすることには訳があります。
なぜならば、先進国では物価が高いことから、少しのお金であっても貧しい国の子供に教育を与えたり、命を救うための活動を実施することができるという点にあります。

例えば、ワクチンなどの摂取というのは実はどれも低価格で行うことができるものです。
ただ、貧しい国の過程では、そのワクチン代を捻出することができないことから、5歳未満でなくなる幼児の確率がぐっと高くなってしまうのです。

日本の子供であれば、政府の働きによって無料でワクチンの接種が受けられることから、病気に罹ることなくすくすくと健康に育つことができるのです。
しかしながら、アフリカのような世界の最貧国や紛争地域においては、ワクチンの接種が十分に受けられないことから、本来ならばワクチンで予防することができる病気にかかって5歳未満で命を落としてしまう確率がとても高いと言われています。

そういったことを予防するために、国際赤十字社などでは世界各国、特に先進国で募金を募ることにより、それを活動資金として世界の最貧国などで予防接種の実施をしています。

2.少しの金額であっても活動の支援になる

たったの100円で数十人にワクチンの接種を実施することができ、小さな命を救うことができるのです。
こういった活動を続けることにより、5歳未満で病気でなくなってしまう子供の数を減らすための地道な活動を続けているのです。

最貧国と先進国は物価が大きく異なります。
その物価の違いを利用して集めた資金により、先進国でできることは僅かな金額であっても、最貧国や発展途上国と言った国々では様々な活動をすることが何よりも強みなのです。

そのため、国際赤十字社などの募金活動では少しの金額であっても活動の支援になります。
先にも述べたように、たった100円の支援で多くの子供達の命を救うことができるため、必ずしも多額のお金を寄付する必要はなく、一人ひとりができる範囲内でお金を寄付するだけでも子供の命を救うための大切な支援に繋がるのです。

3.ユニセフは学校給食の支援を積極的に行っている

交際期間のユニセフでは、貧しい国の子どもたちの命を救う活動の一環として、学校給食の支援を行っています。
日本では、ほとんどの小学校で学校給食が提供され、学校に行っているときには給食を食べて栄養を取ることができます。

また、給食制度のない小学校では、お弁当を持参してそれを昼食時に食べるシステムを導入しています。
実はこの給食制度というのはとても重要であり、子どもたちの成長に必要は栄養をバランスよく与えることができるというメリットがあります。

ただ、最貧国や発展途上国では、給食制度がないので、貧困のために子供が学校を欠席し勝ちになったり、学校に来ない子供もいます。
そこで、ユニセフでは募金で得られた資金により、学校給食の支援を積極的に行っています。

もちろん子どもたちは無料で給食を食べることができるので、学校の出席率は高くなり、さらには栄養も摂取することができるよく考えられた支援であることに驚かされます。

学校給食に対する支援というのはよく考えられた支援であるとして世界中の最貧国や発展途上国にて実施されており、子供の就学の援助につながったり、栄養不足を補うなどの効果をもたらしているのです。

この学校給食を提供する支援も、世界の先進国で得られた募金によって賄われているのです。
たった100円の募金であっても数十人に給食を提供することができるため、とても重要な支援活動の一環であることがおわかりいただけるでしょう。

このように、先進国で得られた支援を基に、最貧国や発展途上国では様々な支援活動がNGOや国際機関によって実施されているのです。